あめ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

Wiktionary:漢字索引 音訓 あ#あめ

「天」・「雨」は複合語を形成する際に「あま」に変化することがある。

名詞:天[編集]

あめ

  1. 上方の
  2. (語義1を受け)等の形而上の存在が住む世界
  3. (語義2を受け)等の形而上の存在

語源[編集]

抽象的・高尚 < 単語家族 > 具体的・卑俗
< amë < ama+i < ama < ammaömmö > 天の下 > 幼児語「おんも

翻訳[編集]

関連語[編集]


名詞:雨[編集]

あめ 前置する場合の変化形:あま、後置する場合の変化形:さめ

  1. 広範囲にわたってから滴状になって落ちてくる天候又はその落ちてくる水滴
  2. 途切れず流れ続けたり降り続けることのたとえ。
    • 血の雨が降る。

発音[編集]

  • 東京式アクセント
    ア↘メ
  • 京阪式アクセント
    ↘ア↗メ↘

複合語[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]


名詞:飴[編集]

あめ

  1. 含み溶かし食べる固形又は粘性強い液状菓子デンプン質糖化することにより作られる

発音[編集]

  • 東京式アクセント
    ア↗メ
  • 京阪式アクセント
    ↗アメ

翻訳[編集]

名詞:鯇[編集]

あめ

  1. サケ科の淡水魚甘子の別名。

名詞:豆汁[編集]

あめ,

  1. 大豆煮汁