出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

力-oracle.svg力-oracle-2.svg 力-bronze.svg 力-bronze-spring.svg 力-bronze-warring.svg 力-silk.svg力-silk-2.svg力-silk-3.svg 力-slip.svg力-slip-2.svg

力-seal.svg

力-bigseal.svg
甲骨文字 金文

金文 金文 簡帛文字 簡牘文字

小篆

流伝の古文字
西周 春秋時代 戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. ちから

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (りき)ちから
    • 巨人軍の川上という岩のように立派な身体の選手が、りきが足りない、もっと力が欲しいと嘆いてる始末じゃないか。(坂口安吾「町内の二天才」)〔1953年〕[1]
  2. (ちから)「ちから」を参照。

派生語[編集]

接尾辞[編集]

  1. (りょく)~力:働きかけることができる機能や抽象概念の大きさ。影響を及ぼすことができる度合い。
  2. (りょく)~力:働きかけるしくみを利用していること。

熟語[編集]


中国語[編集]

*

名詞[編集]

  1. ちから

人名[編集]

  1. 中国人ののひとつ。

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]


ベトナム語[編集]

*

名詞[編集]

  1. ちから

熟語[編集]


コード等[編集]

点字[編集]

[編集]

  1. 青空文庫(2009年4月19日作成)(底本:「坂口安吾全集 14」筑摩書房、1999年6月20日初版第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42959_34964.html 2019年5月27日参照。