出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「-」(目標となる線)+「」()。目標に向けてまっすぐ進むこと。「」の原字。或は、止が意符、丁が声符の形声字。

意義[編集]

  1. まっすぐ
  2. ただしい
  3. まさに
  4. 状況良い好ましい肯定的
  5. 数値より大きい
  6. 本来の。第一の。
対義字
  • (語義2):(まちがう)、(よこしま)
  • (語義4~5):
  • (語義6):

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (セイ)正しいこと。
    • 正否。正邪。
  2. (セイ)良い状態肯定的な状態。好ましい状態。
    • の影響
  3. (セイ)実数より大きいこと。
    • の整数
    1. (セイ)相関関係において、二つの変数同様増減すること。相関係数が正であること。
      • の相関
  4. (セイ)10,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000 = 1040を表す。の次での前の位。
  5. (仏教) 規則的な形。六境ろっきょう十二処じゅうにしょ)のひとつであるしき(「視覚の対象」のこと)を構成する20種類の属性のひとつ(ウィキペディア「色 (仏教)」も参照)。

対義語[編集]

翻訳[編集]

熟語[編集]

記号[編集]

正 = 5
  1. 画線法5[1][2]

例文[編集]


中国語[編集]

*

形容詞[編集]

  1. ただしいあやまりの無い。
  2. 正当な。
  3. きよいじりのない。
  4. (女性が)綺麗な。

動詞[編集]

  1. ただ

副詞[編集]

  1. ~している
  2. 丁度

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

名詞[編集]

  1. ただしいこと
  2. 定立

熟語[編集]


ベトナム語[編集]

*

形容詞[編集]

  1. ただしい
  2. 主要

コード等[編集]

点字[編集]