あける

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

あけるける・ける・ける】

  1. (明ける)
    1. になる
    2. 変わる
    3. ある期間終わる
  2. (空ける)
    1. 作る
    2. にあったものをし、新しいものを入れないで空にしておく
    3. などののものを出したり、したりして空にする
    4. ある時間にしておく
    5. 留守にする
  3. (開ける)
    1. 閉じていたものを開く
    2. 営業始める

活用[編集]

あ-ける 動詞活用表日本語の活用
カ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ける ける けれ けよ
けろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 あけない 未然形 + ない
意志・勧誘 あけよう 未然形 + よう
丁寧 あけます 連用形 + ます
過去・完了・状態 あけた 連用形 +
言い切り あける 終止形のみ
名詞化 あけること 連体形 + こと
仮定条件 あければ 仮定形 +
命令 あけよ
あけろ
命令形のみ

関連語[編集]