たる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞: 足る[編集]

たるる】

  1. 満足する。満たされる
  2. 可能である。
    • 信頼するに足る人物だ。

活用[編集]

た-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 たらない 未然形 + ない
意志・勧誘 たろう 未然形音便 +
丁寧 たります 連用形 + ます
過去・完了・状態 たった 連用形音便 +
言い切り たる 終止形のみ
名詞化 たること 連体形 + こと
仮定条件 たれば 仮定形 +
命令 たれ 命令形のみ

関連語[編集]

翻訳[編集]

動詞: 垂る[編集]

たるる】

  1. 垂れる。(水などが)上から落ちる。

活用

ラ行五段活用
た-る

関連語[編集]

翻訳[編集]

名詞[編集]

たる

  1. 酒・油などの液体や、味噌・醤油・漬け物などの発酵食品貯蔵運搬するための容器。
    • 南縁の端つこから、粗末な風除けの廊下になり、二間半ほど行くと四坪ほどの納屋になります。その戸を引あけると、中は漬物桶と味噌(みそだる)が幅をきかし、一部を仕切つて筵(むしろ)を敷き、其處で藁細工位は出來るやうになつてをりますが、近頃そんな仕事をした樣子もありません。(野村胡堂『錢形平次捕物控』「隱れん坊」1952年)

関連語[編集]

翻訳[編集]


古典日本語[編集]

助動詞[編集]

たる

  1. 助動詞「たり」の連体形。