ふく

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
同音の漢字については、 フク を参照。

ふぐ も参照。

日本語[編集]

名詞[編集]

ふく

  1. (方言、山口など)河豚ふぐ

動詞:吹・噴[編集]

ふくく、く】

  1. (吹く)動いて通る
  2. 勢いよく出す。息とともに出す。
  3. (吹く)息で楽器鳴らす。音を鳴らす。
  4. (吹く)大袈裟言う
  5. 金属精錬する。
  6. 吹き出す。爆笑する。
  7. (特に「噴く」)気体液体火炎などが勢いよく出る
  8. (吹く)芽などが出る、出す。
  9. 析出する。表面に粉のように出る。

活用[編集]

ふ-く 動詞活用表日本語の活用
カ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 ふかない 未然形 + ない
意志・勧誘 ふこう 未然形音便 +
丁寧 ふきます 連用形 + ます
過去・完了・状態 ふいた 連用形音便 +
言い切り ふく 終止形のみ
名詞化 ふくこと 連体形 + こと
仮定条件 ふけば 仮定形 +
命令 ふけ 命令形のみ

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
ふ↘く
ふ↗く↘
京阪式アクセント[編集]
ふ↗く

動詞:拭[編集]

ふくく】

  1. 擦り汚れ水分取り去る

活用

カ行五段活用
ふ-く

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
ふ↗く
京阪式アクセント[編集]
↗ふく

動詞:葺[編集]

ふくく】

  1. (建築) などで屋根覆う
  2. 草木などを挿す

活用

カ行五段活用
ふ-く

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
ふ↗く
ふ↘く
京阪式アクセント[編集]
ふ↗く

古典日本語[編集]

動詞:吹[編集]

ふくく】

  1. (現代語に同じ)吹く、噴く。
ふ-く 動詞活用表日本語の活用
カ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形

発音[編集]

二拍動詞二類

ふ↗く

動詞:葺[編集]

ふくく】

  1. (現代語に同じ)葺く。
ふ-く 動詞活用表日本語の活用
カ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形

発音[編集]

二拍動詞一類

↗ふく

動詞:更・深[編集]

ふくく、く】

  1. (季節・時間などが)ふかまる。
ふ-く 動詞活用表日本語の活用
カ行下二段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
くる くれ けよ

発音(連体形)[編集]

三拍動詞二類

平安時代[編集]
ふく↗る
南北朝時代[編集]
ふ↘く↗る
室町時代以降[編集]
ふ↘くる

諸言語への影響[編集]

動詞:老[編集]

ふくく】

  1. 年を取る
ふ-く 動詞活用表日本語の活用
カ行下二段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
くる くれ けよ

諸言語への影響[編集]


沖縄語[編集]

名詞[編集]

ふく

  1. (解剖学)
  2. 複読

北奄美大島語[編集]

名詞[編集]

ふく

  1. (解剖学)
  2. (衣類) 洋服

宮古語[編集]

名詞[編集]

ふく

  1. (解剖学)