金玉

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

この単語の漢字
きん
第一学年
ぎょく
第一学年
音読み
この単語の漢字
きん
第一学年
たま
第一学年
重箱読み
この単語の漢字
かね
第一学年
たま > だま
第一学年
訓読み

名詞[編集]

(きんぎょく, きんたま, かねだま)

  1. (きんぎょく)
    1. 黄金宝玉[1]
    2. 極めて貴重なもの、称美すべき[1]
  2. (きんたま)
    1. 金色球体[2]
    2. (詳細はきんたま参照、「金玉」は当て字と考えられる)「睾丸」、「陰嚢」の俗称の漢字表記。
  3. かねだまの漢字表記。

発音[編集]

語義1

  • (東京) んぎょく [kíꜜǹgyòkù] (頭高型 – [1])
  • IPA(?): [kʲĩŋʲɡʲo̞kɯ̟ᵝ]

語義2

関連語[編集]

翻訳[編集]

(語義1-1)

(語義1-2)

(語義2-1)


中国語[編集]

名詞[編集]

 (ピンイン:jīnyù)

  1. 黄金と宝玉。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 上田万年松井簡治『大日本国語辞典』 金港堂書籍、第1巻、1915年10月8日、紙面1219ページ、デジタル622ページ、全国書誌番号:43022818、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 954645/622
  2. 上田万年松井簡治『大日本国語辞典』 金港堂書籍、第1巻、1915年10月8日、紙面1232ページ、デジタル629ページ、全国書誌番号:43022818、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 954645/629