よく

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
同音の漢字については、 ヨク を参照。

日本語[編集]

形容詞[編集]

よくく、く、く、く】

  1. 形容詞「よい」の連用形。

副詞[編集]

よく【良く、好く、善く、佳く、く、く】

(形容詞「よい」の連用形より)

  1. 程度が強いことを表す
    1. 行動動作十分に、しっかりと、じっくりと;(否定文は部分否定となる)あまり、たいして、それほど
      よく調べる。体をよく拭く。体をよく動かすとよい。
      よく休めなかった。よく勉強してこなかった。
    2. 注意考慮意識集中
      よく気をつけてほしい。人の話はよく聞いておけ。よく考えるとな話だというがしてきた。目を凝らしてよく見る。
      よく考えずに返事をしてしまった。問題文をよく読んでいなかった。
    3. 理解認識知覚
      よく分かる。その人のことはよく知っています。
      意味がよく分からない。よく知らない話で答えようがない。あまりよく覚えていない。前がよく見えなかった。
    4. 様態とても非常に、大変
      よく晴れた朝だ。一卵性だから顔がよく似ている。
    5. (能力、性能、資質、できばえ)
      とてもよく勉強ができる。よくできた嫁。よくしゃべる男。よく走る車。よく効く薬。よく当たる占い師。この小説人間がよく描けている。よく磨かれた鏡。
  2. しばしば頻回
    よく忘れる。よく話題に上る。よくある話。よく来てくれるお客さん。「酒は百薬の長」とよく言われる。
  3. (陳述副詞)(感情を込めた表現
    1. 賞賛歓迎安堵詠嘆
      よくやった。よく頑張った。よく言ってくれた。よくお越し下さいました。よくゴールまでたどり着けたものだと思う。
    2. 嘆息皮肉非難
      まったくよく言うよ。こんな暴風雨の日によく外に出る気になったね。よくそんな残酷なことができるもんだ。
  4. (古典日本語より。古風格調高い表現)(すぐれた能力達成)巧みに、上手
    よく詩文を解する。日本画をよくした。よく困難に打ち勝つ。

古典日本語[編集]

副詞[編集]

よく【能く】

(漢文で「」の訓読から)

  1. ~できる。
    をとゝしの頃は三十八度以上の体熱ありて、しかも能く客と語り能く字を書くを自ら驚き思へり。今年五月よりこのかた三十九度以上の熱度を以て、能く飯し能く詠じ能く書き能く語ることあり。(正岡子規 『病牀瑣事』)
    能く剛を制す