ふゆ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

  • 古典日本語ふゆ
  • 諸説あり。以下の説がある。
    • ひゆ」(冷ゆ)
    • ふゆ」(殖ゆ)
    • ふゆ」(振ゆ)(寒さが威力を振るうことから)
    • ふるう」(震う)(寒さに震えることから)

発音[編集]

東京式アクセント[編集]

ふ↗ゆ↘

京阪式アクセント[編集]

ふ↘ゆ

名詞[編集]

ふゆ【

  1. 一年のうちで一番寒い季節北半球では十二月から二月あたり、南半球では六月から八月あたり。
  2. 不遇不活発低迷
    • 冬の時代

関連語[編集]

翻訳[編集]

同音異義語[編集]

ふゆ


沖縄語[編集]

名詞[編集]

ふゆ

  1. (四季)冬。

参照[編集]


古典日本語[編集]

名詞[編集]

ふゆ

  1. 四季の一つ。立冬から立春まで。陰暦十月から十二月
    • は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。(清少納言枕草子』第一段)
      冬は早朝(が良い)。雪が降ったときはいうまでもないが、霜で真っ白になったのも、又そうでなくても、大変寒くて炭火を急いで熾して殿上に渡るのも、(冬らしくて)大変似つかわしい。

発音[編集]

二拍名詞二類

ふ↘ゆ

諸言語への影響[編集]

動詞[編集]

ふゆゆ】

  1. 揺れ動く
振-ゆ 動詞活用表日本語の活用
ヤ行下二段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
ゆる ゆれ えよ

動詞[編集]

ふゆゆ, ゆ】

  1. 増える
振-ゆ 動詞活用表日本語の活用
ヤ行下二段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
ゆる ゆれ えよ

諸言語への影響[編集]


宮古語[編集]

名詞[編集]

ふゆ

  1. (四季)冬。