mwatũ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

木の枝に吊り下げられた mĩatũ

語源[編集]

Hinde (1904) は英語 barrelhoney box にあたるキクユ語「ジョゴウィニ方言」(Jogowini dialect)の訳語として mwatu(barrel)や mwātu(honey box)を記録している[1]。なお、このうち honey box に対応するカンバ語は mwatu とされている[1]

発音[編集]

Armstrong (1940) では mũtĩ を始めとした mũcingamũhakanjagĩmũrũthi などと同じ「moteクラス」という声調クラスに分類されている[2]。Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス2」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩgunyũnjagĩkiugũ などがある。
  • 〔キアンブ方言〕
  • カナ表記例: ムワト[4]

名詞[編集]

mwatũ クラス3(複数: mĩatũ

  1. 割っの中をくり抜い空洞にしたものを再び合わせ作られる養蜂用ので、木のまた設置されたり、吊り下げられたりするもの[4]
  2. 両端がある、木製かつ筒状の、家庭における保存用の[5]

ことわざ[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Hinde, Hildegarde (1904). Vocabularies of the Kamba and Kikuyu languages of East Africa, pp. 6–7, 32–33. Cambridge: Cambridge University Press.
  2. Armstrong, Lilias E. (1940). The Phonetic and Tonal Structure of Kikuyu. Rep. 1967. (Also in 2018 by Routledge).
  3. 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  4. 4.0 4.1 杜由木 (2015).『夜には、夜のけものがあるき 昼には、昼のできごとがゆく』東京図書出版、242頁。ISBN 978-4-86223-828-3
  5. "mwatũ" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 18. Oxford: Clarendon Press.