Wiktionary:正確性検証中

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
Green check.png このページはウィクショナリー日本語版の公式な方針です。多くの利用者に支持されていて、すべての利用者が従うべきだと考えられています。必要に応じて編集することは可能ですが、その変更はコミュニティーの合意を反映している必要があります。大きな変更を加える場合は、ノートページで提案してください。 ショートカット:
WT:RFV

このページは、編集方針に適った記述がなされているかどうかを議論するためのページです。

新しく依頼する

このページでは以下のような語句の記事を対象とした議論を行います。

  1. 日本語の隠語または符牒の類で、ある業界等に限って用いられるもの。
  2. 新語流行語死語造語俗語一般で、Wiktionary:編集方針に規定する要件を満たしているか疑わしいもの。
  3. 言語表記がなく補充できないもの。
  4. 外国語で、他のプロジェクトやGoogle等で検索したが、その意味が本当にあるか不明であるもの。

上記のような記事を発見しましたら、以下の手順で検証依頼を出してください。

  1. {{正確性}}または{{正確性S}}のテンプレートを該当する記事のページ上部に貼り付けます。
  2. このページの依頼セクションに掲載します。書式は以下のようにします。
=== [[○○]] ===
依頼理由を記述します。必ず時刻付き署名を付けてください。--~~~~

正確性の検証・証明は以下のように行います(詳細は「検証方法の詳細」を参照ください)。

  1. 辞書等での記載があるかどうかを調査します。市販の辞書だけでなく、インターネット上の外部辞書での検証も行います。
  2. 日常会話やインターネット上で使われるような一般的な用例など客観的な使用例を示す。日本語以外の言語ならば、当該言語Wiktionaryへの問い合わせ結果とを参照します。

正確性が証明された場合は、「検証済み」として、記事からテンプレートを外します。下のリストからは検証ができた1週間後に削除します。

否定意見のある場合は削除依頼と同様の取り扱いとし、削除の合意が形成された場合は削除されます。また、記事に関して意見表明が立項者以外にないまま1ヶ月経過した場合は、「検証不能」として削除されます。

ログ[編集]

2015年5月[編集]

sea wouf[編集]

外国語で、他のプロジェクトやgoogle等で検索したが、その意味が本当にあるか不明である。--109.68.14.126 2015年5月19日 (火) 14:48 (UTC)

  • Symbol comment vote.svg コメントDictionary of the Scots Language(2015年5月19日閲覧)によると、"sea-wouf, -oof, the angler fish, Lophius piscatorius (Ags. 1911; Bnff. 1921 T.S.D.C. -oof). See Wouf"、ついでに、woufを見ると、"The angler-fish, Lophius piscatorius"とのこと。それで、 Lophius piscatoriusは何かというと、w:ニシアンコウで、少なくともナマズではないようです。--Mtodo (トーク) 2015年5月19日 (火) 15:58 (UTC)
  • 提案 本件は「検証不能、削除」という結論で閉めませんか。 --Kanjy (トーク) 2016年6月4日 (土) 08:21 (UTC)
    記憶は定かではありませんが当時スコットランド語の編集にはThe Online Scots Dictionaryを用いており(この点は確かです)、今改めて見返しますとwolffish(オオカミウオ)との記載がありナマズではなさそうです。恐らく、オオカミウオが"catfish"とも呼ばれることからナマズと誤解して記載してしまったのかも知れません。 --M-30722 (トーク) 2016年6月7日 (火) 13:33 (UTC)
    M-30722 さん、ソース情報提供を有難うございます。本件はどうしましょう。語義を「オオカミウオ」と修正すれば存続可能でしょうか。あるいは、さらなる情報源が必要でしょうか。特に異論がないようなら、語義「オオカミウオ」で存続可能との結論で一旦終了しようと思いますが、皆さまいかがでしょうか。 --Kanjy (トーク) 2016年6月11日 (土) 09:09 (UTC)
    私も「オオカミウオ」に修正が良いかなと思います。 --M-30722 (トーク) 2016年6月19日 (日) 08:19 (UTC)

wouf[編集]

Dictionary of the Scots Language(2015年5月19日閲覧)によると、"The angler-fish, Lophius piscatorius"とのこと。それで、 Lophius piscatoriusは何かというと、w:ニシアンコウで、少なくともオオカミではないようです。ただ、Wolfの異綴のひとつとしてはある模様[1]。だとしても見出し語としては不適格。--Mtodo (トーク) 2015年5月19日 (火) 16:06 (UTC)

  • 提案 本件は「検証不能、削除」という結論で閉めませんか。 --Kanjy (トーク) 2016年6月4日 (土) 08:21 (UTC)
    当時、スコットランド語の編集にあたってはThe Online Scots Dictionaryを参考にしました。こちらには"The wolf Canis lupus"との記載があります。 --M-30722 (トーク) 2016年6月7日 (火) 13:24 (UTC)
    M-30722 さん、ソース情報提供を有難うございます。 w:sco:Wouf も傍証にはなるかもしれません。特に異論がないようなら、検証済みという結論で閉めることになりますが、皆さまいかがでしょうか。 --Kanjy (トーク) 2016年6月11日 (土) 09:09 (UTC)

2015年7月[編集]

闘山羊うまあわせ‎やぎのつのあわせ‎やぎずもう‎[編集]

一般的な言葉であるか不明。検索をすると、沖縄の「ひーじゃーおーらさい」ばかりに当たります。どうも、この風習を、標準日本語に移すときに用いる語であり、語としての一般性を欠いているのではないでしょうか。そもそも、「やぎ」は和語であり、それを、漢語と同じ造語法で用いているところに特殊な造語である印象があります。山羊を戦わせると言う風習が広くある、又は歴史的にあって、それを闘山羊と呼ぶという辞書等の補足を求めます。--Mtodo (トーク) 2015年7月19日 (日) 03:58 (UTC)

英雄です。沖縄でも共通語は闘羊にしようか、闘山羊にしようかと思案中[2]のようですが、インドネシアにもadu kambingがありますし、ベトナムも2012年から始まりました[3]。こういったものの和訳として用いたほうが良いと思いますが。それとも削除して同義のやぎのつのあわせに統合しましょうか。--英雄 (トーク) 2015年7月19日 (日) 07:26 (UTC)

言葉は慣習なので、私たちが「用いたほうが良い」と言う判断はできません。そのように呼称する習慣があるか否かの問題です。また、ある種地域の風習的なものをその呼び名で掲載することは、固有名詞の掲載に準じて注意すべきだとおもいます。端的には、市販の辞書に載っていない言葉を掲載する場合は、言葉としての一般性の証明責任を負うということです。--Mtodo (トーク) 2015年7月19日 (日) 09:27 (UTC)
同様の理由で、実在性・正確性に疑問のある語を追加します。その他の語は辞書掲載を確認しました。また、「○○すもう」の類は、Wiktionary:編集方針#複合語の扱いに抵触する可能性が高いと考えます。--Mtodo (トーク) 2015年7月19日 (日) 09:39 (UTC)
提案 市販辞書等の掲載が検証されたもの、あるいは十分な用例が確認されたものでない限り「検証不能、削除」という結論で閉じませんか。 --Kanjy (トーク) 2016年6月4日 (土) 08:21 (UTC)

2015年8月[編集]

まんぐーすー[編集]

この語は、おそらく、英語「mongoose」を音写したものと考えますが、この音写のタイミング(おそらく昭和20~40年代)において、琉球語を日本語と独立した言語認識すべきかということに疑問があります。歴史言語として「琉球語」として捉える立場には反対しませんが、明治以後、標準日本語に統合されていく過程において、ことさら、独立言語として認識する態度が正しいかは疑問です。それをやり始めると、日本語内の全方言に独立言語としての位置を与えなければならなくなりはしないでしょうか。--Mtodo (トーク) 2015年8月15日 (土) 23:17 (UTC)

Symbol comment vote.svg コメント 本件は「マングース」とは明確に区別された語として市販の辞書等に掲載されていることが検証されない限り、見出し語たり得ないと考えます。未だ何らの典拠も示されていませんので、検証不能扱いとせざるを得ないかと思います。 --Kanjy (トーク) 2016年6月4日 (土) 08:21 (UTC)

2016年2月[編集]

諧音[編集]

 手元の国語辞典では確認が取れない語です。旺文社の『漢字典』にも掲載されていません。コトバンクには『世界大百科事典』内に「半諧音」の用例があるとされていますが、「諧音」については項目すら存在しません。--Eryk Kij (トーク) 2016年2月21日 (日) 15:21 (UTC)

多分もともと漢語でおそらく漢詩等の用語なのでしょう。中国語辞典で見出し語になっていますし、中国語版wikipediaに、「zh:w:諧音」「zh:w:諧音 (語言學)」「zh:w:諧音 (音樂)」の記事があります。
それで、おそらく漢詩の用語として使用されたのではないかと想像します。その派生語として、ご指摘の「半諧音(脚韻を踏む字)」がありますし、日本国語大辞典には「不諧音」があり、鴎外の作品の例文がついています。
青空文庫を検索するといくつか使用例が見られます。
  • 絹子は、臙脂《えんじ》色の帯の横を見せ、立ったまま二つ三つピアノで諧音《アッコード》を鳴らした。 (宮本百合子『ヴァリエテ』)
  • ふと、古代希臘の或る神秘家の言った「天体の妙なる諧音」のことが頭に浮かんだ。賢いその古代人はこう説いたのである。我々を取巻く天体の無数の星どもは常に巨大な音響――それも、調和的な宇宙の構成にふさわしい極めて調和的な壮大な諧音――を立てて廻転しつつあるのだが、地上の我々は太初よりそれに慣れ、それの聞えない世界は経験できないので、竟にその妙なる宇宙の大合唱を意識しないでいるのだ、と。(中島敦 『環礁 ――ミクロネシヤ巡島記抄――』)
現在の定義に難はありますが(多くは「音が調和していること」の意や端的に和音の意で用いられている)、実際に現代日本語において使用例の見られる語ではあります。--Mtodo (トーク) 2016年2月21日 (日) 16:41 (UTC)
 迅速なるご調査ありがとうございます。既存の辞書に収録例が確かめられないという点が引っかかりますが、それでも文例を掲載して定義を「1. 音が調和していること。調和する音。」とし、類義語に和音を挙げ、英訳はharmonyaccordとすればよろしいでしょうか。文例のルビの基となったaccordは意味が〈調和〉、〈一致〉という広範囲にわたるものですが、いかがでしょう。--Eryk Kij (トーク) 2016年2月21日 (日) 17:31 (UTC)
Eryk Kijさん、Mtodoさん、ありがとうございます。青空文庫を確認してみたところ、Mtodoさんの書かれたとおり、日本語の現代語として使われているのは確かで、言葉の発音ではなく音楽的な音に関して使われているようでした。用例から推測すると、「協和音、調和した音」といった意味のように思われます。英語のaccordには和音や協和音の意味もあるようですので、宮本百合子『ヴァリエテ』の用例も文脈から見てその意味と思われます。ただ、ウィクショナリーにおいて用例から意味を導くこと(独自研究?)が認められるのかは分かりません。辞書その他の文献で「諧音」の意味に言及したものがあれば一番よいのですが。--Usagiuma (トーク) 2016年2月22日 (月) 15:08 (UTC)
 実を申し上げますと、既存の辞書に明記されていない語釈を用例から導いた事は幾度かございます(例1例2)。いずれも他の方と話し合いの上で執筆を行って参りました。ただ、左二つの場合単語自体はごく基本的な語彙で既存の辞書に収録済みであるのに対し、Usagiumaさんも仰せの通り今回のものは採録例が確認できない点が未だに蟠っております。--Eryk Kij (トーク) 2016年2月22日 (月) 15:48 (UTC)

(インデント戻します)辞書に記載を発見できないからといって、「独自の研究」かというと、ちょっと疑問で、信頼できる書き手(できれば複数)の実例があって、それを示して、そこから「こういう意味ですよね」と読み取れれば、その読み取った解釈自体はあくまでも仮説であって、批判が許されるものですから、w:反証可能性を有すると言う意味で科学性を失っていないし、また、辞書において定義の相対性、というか、言葉の実在性の確認に比べればその定義の仕方などはどうでもいい話(書く人の趣味)だというのは飯間浩明氏が『辞書を編む』でも言っていることですし(とはいえ、言語学など科学の発展成果の吸収は必要で、たとえば、「はじまる」の定義について、「非能格・非対格」に関して(1990年代以降の研究の成果)、ちょっと古い「日国」は未対応だけど、刻々編集を謳う「デジタル大辞泉」は対応してたりします。まあ余談ですが)。それより、個人的に気になるのは、青空文庫の用例を見ると、どれも「調和のとれた和音(多分不協和音は想定外)」の意味になるんですが、もう一つの、端的には異義同音の例(中国語wikipediaでは「日本語で『ごろあわせ』のこと」と書いていたりします)が探せないんですよね。一応、大学論文にもあたってみましたが、基本的に中国語に関する論文ばかりで、こうなると、中国語の言い方をそのまま移したもの(例、公司、賓詞)で、日本語の用例としては熟していないとなるのかなとも思っています。--Mtodo (トーク) 2016年2月24日 (水) 22:40 (UTC)

ウィキペディアのw:Wikipedia:独自研究は載せないの基準でいえば、用例(一次資料)を分析して語義を解釈するのは独自研究に当たると思われます。確かに、用例から語義を解釈することは科学的で検証可能性もあり、それ自体は良いものなのですが、少なくともウィキペディアではプロジェクトの方針としてこのような独自研究を排除していると私は理解しています。ただ、あくまでウィキペディアの方針だと思いますので、ウィクショナリーにその基準が当てはまるのかは分かりません。
また、既存の辞書に載っていないとウィクショナリーに採録できないかといえば、そのようなことはないと思います。辞書以外でも、全集や校訂本の語釈・注釈や、解説書の説明などで言葉の意味に言及したものがあれば、それを出典にして語義を記載するのは問題ないと思います。「諧音」については、用例があるということが分かりましたので、そのような「諧音」の意味に言及した文献を探してみたいと思っています。--Usagiuma (トーク) 2016年2月25日 (木) 15:23 (UTC)
Usagiumaさんへ: まず、正確性を検証するというこの場の目的から著しく逸脱した言説となる事をお許し下さい。辞書とは人間の用いる言葉を主に単語、時には成句という範囲で切り取り、その一つ一つの意味を吟味して明確にするためのものであるという認識でございます。対象となるものは現実に用いられている言葉であり、実際に存在しているものである以上、それを無いものであるかの如く扱う事はどうにもできない性分であるのです。先に挙げた「独自研究」のうち、「さがす」の方の発端は語釈と用例とがかみ合っていないという指摘があった事でした。この時もとの語釈だけ残して用例はなかった事にするという穏便な選択肢も存在しましたが、折角自身が日本語母語話者であるにもかかわらず、日常的に用いている言葉の組み合わせを何の根拠も無いものとして無視し、現実に即しているのか疑わしくなった語釈のみを残すのは辞書を作る目的を考えると本末顚倒ではないかと気が咎めたのです。いうなれば恐ろしく感情的な動機であったとは省みられますが、これについては自身ができる限りの調整を行ったという自負があり、疚しさを覚えてはおりません。それとも、この様に語釈と用例にずれが見られる際は語釈に即した文例または例文のみを厳選して当て嵌め、既存の文献で確認できない用法の掲載はいかに伝統的な作品からの抜粋や日常においてごく一般的に用いられている(ただし新語は除く)表現であったとしても弾くべきであるのでしょうか。もしそうであれば、現在の編集方針には明記されていない事ですので、編集室にて用例から語釈を導き出すことを厳しく制限し、過去に行われてきたものについても遡及して適用される方針を追加するための議論を提起する必要が生じると存じますが、いかがでしょうか。
 今回の「諧音」についての話題に戻る事と致します。あまりにも本筋から外れた持論を展開してしまいましたが、その一方で私は既存の辞書の採録有無を気にしております。先ほど述べた事と照らし合わせるとそれはダブルスタンダードそのものであるという事は重々承知致しております。実のところ、著作権の切れた小説における使用例が確認された時点で既に十分採録に値するものではないかと考えております。しかし同時に既存の辞書に例がない事が採録への妨げとならないかという事も恐れてきたのです。この危惧こそが今回敢えてこちらに諮ることとした最大の動機であったのです。しかし少なくともUsagiumaさんとMtodoさんはいずれもその点自体は重大な支障とはならないというお考えである事を伺い、安堵致しております。--Eryk Kij (トーク) 2016年2月25日 (木) 17:39 (UTC)
ウィクショナリーでの独自研究の扱いについては、よく分かっていません。過去の議論の中で独自研究に否定的な議論が何度かありましたので、基本的には駄目なのかと思っていましたが、そういうことではないのでしょうか。確かに、ウィクショナリーの方針に独自研究を禁止するものはないようですし、実際にも、検証可能性が保たれるのであれば、用例から語義を解釈しても特に問題ない気がします。--Usagiuma (トーク) 2016年2月27日 (土) 14:35 (UTC)
語義は、実際の使用例から帰納的に与えられるべきものですから、実在の文例を示して、それに与えた語義については、まず「言い換え」の範疇なので、そもそも「研究」とまで踏み込んだものかは疑問です。一方、例えば、「この言葉は男性はあまり使わない」であるとか、「現代では死語である」「以前は、誤用とされていたが、現在は一般的に用いられる」等の解釈を加えるようになると、それが投稿者の感覚に頼るようでは「独自の研究」と言わざるを得ないのだと考えます(なお、「独自の研究」か否かを検証した例として、「トーク:っ」をご参照ください)。--Mtodo (トーク) 2016年2月28日 (日) 09:57 (UTC)
ありがとうございます。過去の議論で「独自研究」に触れたものを見返してみましたが、確かに、用例を解釈して語義を記述することを否定する趣旨のものはありませんでした。私はWikipediaの独自研究禁止と同じかと勘違いしていましたが、そうではないということですね。
ちなみに、英語版Wiktionaryを見てみたところ、Wikipediaとの違いを説明しているところ(en:Wiktionary:Wiktionary_for_Wikipedians)で、独自研究についての方針はないと明記されていました。逆に、英語版では(少なくとも語の存在や語義については)既存の辞書に載っているだけでは不十分で、実際の用例によって例証されなければならないようです。日本語版の方針はこれと同じではないと思いますが、「諧音」の意味に言及した資料を探すのはあまり意味がなさそうに感じています。--Usagiuma (トーク) 2016年3月1日 (火) 14:40 (UTC)

提案 本件、辞書採録例は見当たらないものの、用例について検証されたということで、語義修正要、削除不要、という結論になるかと思いますが、皆さまいかがでしょうか。 --Kanjy (トーク) 2016年6月11日 (土) 09:09 (UTC)

2016年3月[編集]

הרוג'ו[編集]

ヘブライ語で、訳を「老中」としているが、老中は専ら江戸幕府における役職名であり、ヘブライ語でそれに相当する役職であったとしても適訳ではない。また、もし、「老中(/roːdʒu̜˕ː/ )」をへブル文字で音写しているものであれば、掲載の必要性に欠ける。--Mtodo (トーク) 2016年3月9日 (水) 19:50 (UTC)

かお[編集]

語義2に「眉と目との間」とありますが、この意味を載せている国語辞典を見つけられません。日本国語大辞典、広辞苑、大辞林にもこの意味は載っていません。ただ、何の理由もない記載ともちょっと考えにくいため、検証をお願いいたします。--Usagiuma (トーク) 2016年3月21日 (月) 14:46 (UTC)

  • 提案 この語義は初版からありますが、初版投稿者は活動していらっしゃらない様子です。検証不能として除去、という結論になるかと思いますが、皆さまいかがでしょうか。 --Kanjy (トーク) 2016年6月11日 (土) 09:09 (UTC)

2016年4月[編集]

かぜはな[編集]

『日本国語大辞典』(第二版)、『広辞苑』(第六版)、『大辞林』(第三版)、『デジタル大辞泉』を確認しましたが、いずれも載っているのは「かざはな」か「かざばな」であり、「かぜはな」という語形を載せているものはありませんでした。--Usagiuma (トーク) 2016年4月1日 (金) 14:21 (UTC)

  • 提案 投稿者が活動していらっしゃらない様子ですし、検証不能としてリダイレクト化、結論でいかがでしょうか。 --Kanjy (トーク) 2016年6月11日 (土) 09:09 (UTC)

2016年5月[編集]

[編集]

「~です、である」の意味を持つ助動詞とのことであるが、これを助動詞ととしている文献には当たれません。--Mtodo (トーク) 2016年5月1日 (日) 02:27 (UTC)

と検索してトップにヒットする「韓国語辞書(ケイペディア)」を参照して投稿致しました。日本語では「です」は助動詞ですので、それに釣られて「助動詞」と入力してしまいました。そのサイトにあるように요は助詞ですので、訂正致します。Mitamitami (トーク) 2016年6月10日 (金) 23:46 (UTC)