Wiktionary:正確性検証中

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
Green check.png このページはウィクショナリー日本語版の公式な方針です。多くの利用者に支持されていて、すべての利用者が従うべきだと考えられています。必要に応じて編集することは可能ですが、その変更はコミュニティーの合意を反映している必要があります。大きな変更を加える場合は、ノートページで提案してください。 ショートカット:
WT:RFV

このページは、編集方針に適った記述がなされているかどうかを議論するためのページです。

新しく依頼する

このページでは以下のような語句の記事を対象とした議論を行います。

  1. 日本語の隠語または符牒の類で、ある業界等に限って用いられるもの。
  2. 新語流行語死語造語俗語一般で、Wiktionary:編集方針に規定する要件を満たしているか疑わしいもの。
  3. 言語表記がなく補充できないもの。
  4. 外国語で、他のプロジェクトやGoogle等で検索したが、その意味が本当にあるか不明であるもの。

上記のような記事を発見しましたら、以下の手順で検証依頼を出してください。

  1. {{正確性}}または{{正確性S}}のテンプレートを該当する記事のページ上部に貼り付けます。
  2. このページの依頼セクションに掲載します。書式は以下のようにします。
=== [[○○]] ===
依頼理由を記述します。必ず時刻付き署名を付けてください。--~~~~

正確性の検証・証明は以下のように行います(詳細は「検証方法の詳細」を参照ください)。

  1. 辞書等での記載があるかどうかを調査します。市販の辞書だけでなく、インターネット上の外部辞書での検証も行います。
  2. 日常会話やインターネット上で使われるような一般的な用例など客観的な使用例を示す。日本語以外の言語ならば、当該言語Wiktionaryへの問い合わせ結果とを参照します。

正確性が証明された場合は、「検証済み」として、記事からテンプレートを外します。下のリストからは検証ができた1週間後に削除します。

否定意見のある場合は削除依頼と同様の取り扱いとし、削除の合意が形成された場合は削除されます。また、記事に関して意見表明が立項者以外にないまま1ヶ月経過した場合は、「検証不能」として削除されます。

ログ[編集]

2015年5月[編集]

sea wouf[編集]

外国語で、他のプロジェクトやgoogle等で検索したが、その意味が本当にあるか不明である。--109.68.14.126 2015年5月19日 (火) 14:48 (UTC)

  • Symbol comment vote.svg コメントDictionary of the Scots Language(2015年5月19日閲覧)によると、"sea-wouf, -oof, the angler fish, Lophius piscatorius (Ags. 1911; Bnff. 1921 T.S.D.C. -oof). See Wouf"、ついでに、woufを見ると、"The angler-fish, Lophius piscatorius"とのこと。それで、 Lophius piscatoriusは何かというと、w:ニシアンコウで、少なくともナマズではないようです。--Mtodo (トーク) 2015年5月19日 (火) 15:58 (UTC)
  • 提案 本件は「検証不能、削除」という結論で閉めませんか。 --Kanjy (トーク) 2016年6月4日 (土) 08:21 (UTC)
    記憶は定かではありませんが当時スコットランド語の編集にはThe Online Scots Dictionaryを用いており(この点は確かです)、今改めて見返しますとwolffish(オオカミウオ)との記載がありナマズではなさそうです。恐らく、オオカミウオが"catfish"とも呼ばれることからナマズと誤解して記載してしまったのかも知れません。 --M-30722 (トーク) 2016年6月7日 (火) 13:33 (UTC)
    M-30722 さん、ソース情報提供を有難うございます。本件はどうしましょう。語義を「オオカミウオ」と修正すれば存続可能でしょうか。あるいは、さらなる情報源が必要でしょうか。特に異論がないようなら、語義「オオカミウオ」で存続可能との結論で一旦終了しようと思いますが、皆さまいかがでしょうか。 --Kanjy (トーク) 2016年6月11日 (土) 09:09 (UTC)
    私も「オオカミウオ」に修正が良いかなと思います。 --M-30722 (トーク) 2016年6月19日 (日) 08:19 (UTC)

wouf[編集]

Dictionary of the Scots Language(2015年5月19日閲覧)によると、"The angler-fish, Lophius piscatorius"とのこと。それで、 Lophius piscatoriusは何かというと、w:ニシアンコウで、少なくともオオカミではないようです。ただ、Wolfの異綴のひとつとしてはある模様[1]。だとしても見出し語としては不適格。--Mtodo (トーク) 2015年5月19日 (火) 16:06 (UTC)

  • 提案 本件は「検証不能、削除」という結論で閉めませんか。 --Kanjy (トーク) 2016年6月4日 (土) 08:21 (UTC)
    当時、スコットランド語の編集にあたってはThe Online Scots Dictionaryを参考にしました。こちらには"The wolf Canis lupus"との記載があります。 --M-30722 (トーク) 2016年6月7日 (火) 13:24 (UTC)
    M-30722 さん、ソース情報提供を有難うございます。 w:sco:Wouf も傍証にはなるかもしれません。特に異論がないようなら、検証済みという結論で閉めることになりますが、皆さまいかがでしょうか。 --Kanjy (トーク) 2016年6月11日 (土) 09:09 (UTC)

2016年5月[編集]

[編集]

「~です、である」の意味を持つ助動詞とのことであるが、これを助動詞ととしている文献には当たれません。--Mtodo (トーク) 2016年5月1日 (日) 02:27 (UTC)

と検索してトップにヒットする「韓国語辞書(ケイペディア)」を参照して投稿致しました。日本語では「です」は助動詞ですので、それに釣られて「助動詞」と入力してしまいました。そのサイトにあるように요は助詞ですので、訂正致します。Mitamitami (トーク) 2016年6月10日 (金) 23:46 (UTC)
Symbol declined.svg 検証不能 初版作成者さんにより論点となる記述が改められました為、本件につきましては終了したものと見做します。--Eryk Kij (トーク) 2017年4月16日 (日) 20:54 (UTC)

2016年10月[編集]

むゆたり[編集]

古典日本語じゃなく現代語としての記述ですよね。六人も「むたり」なら現代語としてそう読むかもしれないが、「むゆたり」はかなり疑問に思います。--ShikiH (トーク) 2016年10月29日 (土) 10:55 (UTC)

調べてみたところ、「むゆたり」は日本書紀に出てくる言葉でしたので訂正します。六人は「むたり」としておきます。--英雄 (トーク) 2016年10月29日 (土) 11:32 (UTC)

☆(節を分けるために、上の節のなかから記述を一部移動しました。最初からそうすべきでした。おわびします。)--ShikiH (トーク) 2016年10月29日 (土) 13:34 (UTC)

Symbol declined.svg 検証不能 初版作成者さんにより論点となる記述が改められ、また私も「古典日本語」の典拠となるものを追加させて頂きました為、「この件は」終了したものと見做します。--Eryk Kij (トーク) 2017年4月16日 (日) 20:54 (UTC)

2017年1月[編集]

たかはし[編集]

「たかはし」が「高く架け渡した橋」という意味で、現代日本語において用いられるとはあまり思えません。用例を示していただきたく。--Mtodo (トーク) 2017年1月5日 (木) 21:25 (UTC)

先ほど、コトバンクや古語辞典で調べたところ、現代日本語ではなく、古語みたいだったので訂正しておきます。--英雄 (トーク) 2017年1月6日 (金) 01:10 (UTC)
古典日本語と現代日本語は分けて記載します。また、表題は「古典日本語」です。--Mtodo (トーク) 2017年1月7日 (土) 06:11 (UTC)
Symbol declined.svg 検証不能 初版作成者さんにより、論点となる記述が改められました為、本件につきましては終了したものと見做します。--Eryk Kij (トーク) 2017年4月16日 (日) 20:54 (UTC)

2017年2月[編集]

ハングル表記の一連のチアチア語記事[編集]

過去の議論において、チアチア語のハングル表記については正書法乃至言語学研究の一般的表記であることが疑わしいとの結論が出ています。それ以降、「ハングルはチアチア語の正書法乃至言語学研究の一般的表記である」ことの証跡が示されなければ、以下の記事は正確性を欠くものとして削除したいと思います。

--Mtodo (トーク) 2017年2月4日 (土) 13:04 (UTC)

  • 賛成 賛成 ご提案に賛成致します。取り敢えず削除の前に全て対応するラテン文字表記のページに移動、ページが存在していない場合にはその都度新たに作成という事でよろしいでしょうか。Mtodoさんご自身が積極的にされたいという場合を除き、作業は私が引き受けたいと存じます。--Eryk Kij (トーク) 2017年2月5日 (日) 09:06 (UTC)
    Symbol comment vote.svg コメントラテン文字表記記事作成につきましては異論ありません(むしろ、望ましいです)。また、付け加えると、en:w:Cia-Cia languageによると、チアチア語のハングル表記プロジェクトは2012年中止になったとのことです("However, the project was abandoned in 2012.")。--Mtodo (トーク) 2017年2月5日 (日) 09:40 (UTC)
    (返信) ありがとうございます。それではお言葉に甘え、作業に移らせて頂きます。--Eryk Kij (トーク) 2017年2月6日 (月) 10:07 (UTC)
(報告) 大方の移植作業は完了しました。しかし、既にお気づきとは思われますがところどころ思うところのあるものが見られます。簡潔にまとめますと以下の様になります。
  1. 特定の音素の表記揺れが2通り
  2. 同義語と思われるが音素自体に差異のある表記が複数見られるもの
  3. ラテン文字表記が記されておらず現時点では移植不可のものが1つ
  4. 語釈を見る限りは同義語であるが全く異なる形態素を持つものが1種類
以下でそれぞれの詳細をご説明致します。
  • 1.
a. ch と ʧに対応する箇所が ch と表記されたり(例: hachuʧ と表記されたり(例: baʧaan)、表記揺れが見られます。信頼できる典拠を見つけた場合、その都度加えていきたい所存です。
b. aa と a'amaapa'a のように同じ母音が連続する(様に見える)場合の扱いの違いが、ハングルには反映されていません。
  • 2.
a. l と r。〈五〉は limarima の二つが見られます。
b. 〈手〉について。〈手〉は limalia の二通りが見られます。
  • 3.: ずばり사우の事です。他の言語版にも項目自体は存在しますが、ラテン文字表記は示されていません。単純に考えるのであればそのままハングルから sau とすればよろしいのかもしれませんが、ここは慎重に信頼できる情報源を別途見つけて確認してから項目を作成するのが無難と思われます。
  • 4.: 〈七〉について。〈七〉は pa'anomoro の二通りが見られます。前者は語源節で他のオーストロネシア語との関連性がある事が示唆されていますが、後者には語源情報が見られません。同じ数を言い表すのに形態素の異なる二通り以上の言い方が存在する言語としては日本語や朝鮮語/韓国語などが見られますが、チアチア語もこれに該当するかは定かではありません。しかし、手元に十分な根拠も知識もない素人目線の現状では〈七〉だけそのようなシステムとなっている、と考えるのには無理がある気が致します。--Eryk Kij (トーク) 2017年2月10日 (金) 10:07 (UTC)
  • 手続き上の確認点です。今後、ハングル表記のほうを削除するのでしょうか? 言語間リンクのためもありますし、ハングル表記をリダイレクトかソフトリダイレクトとして残したほうが楽かなと思います。事実上ページ改名(の後の改稿)に近いので、履歴統合しておくといいかもしれません。今のところ転記先の要約欄ではたとえば「하쭈(2017年2月4日 22:28 (JST) 版)より書式編集とカテゴリ類追加の上チアチア語節の内容を転記」と書かれていますが、これだけでは元の項目の削除後、ライセンスで求められる著者名が見つけにくくなる気がします(元の項目を削除するとその履歴も見られなくなるためです)。 この程度の単純な内容なら項目全体が著作物ではなかったとみなしてライセンスのことは気にしない考え方もあるかもしれませんが……。 --whym (トーク) 2017年2月26日 (日) 08:15 (UTC)
@whymさん そもそもはチアチア語をハングル表記する正当性に疑問が生じたという事で削除に賛成致しました。とはいえ、冷静に考え直しますと、一時期とはいえハングル表記が正書法に採用されかかったという歴史が存在する事も事実です。項目を削除してもデータは秘匿されるだけで存在し続けるという仕組みである事は理解しておりますが、一般利用者の視点からすれば削除された項目は突然あたかも最初から無かった事にされたものと映りかねません。実は私は管理者さんが確認する事さえできればそれで良いだろうぐらいの気持ちで作業しておりましたが、聊か一般利用者目線が欠けていたかなと思い始めております。よって、リダイレクト化するに留めた上での履歴統合にも反対致しません。--Eryk Kij (トーク) 2017年2月26日 (日) 09:33 (UTC)

[編集]

本字の音読みが「ハヤ」とのことですが、漢字の音読みの原則に大きく外れているため正確性の検証を求めます。音読みは原則①母音 (V)、②子音 (C)+V、③(C+)V+[n]音です、これは中国語における1文字1音節の原則によります。例外は入声に由来する、(C+)V+[ク、キ]、(C+)V+[ツ、チ]位です。それ以外で2音節の音読みを知りません。おそらく、この「ハヤ」は「はやはえ」のことであり和語すなわち訓読みと考えます。現代語音は「ruò」であり、「若、弱」の音と一致しますので「ジャク」あたりが音読みに当てられるべきものと考えますが、反切が不明であるため断言はできません。--Mtodo (トーク) 2017年2月21日 (火) 16:38 (UTC)

英語版では「ハヤ」は音読みとなっていますが、訓読みで間違いありません。「ジャク」も音読みであっていますが、「ジャク」はヒラメやカレイ類を意味する魚を意味します。国字として扱う場合は「ジャク」とは読まないです。[2][3]。--英雄 (トーク) 2017年2月22日 (水) 5:37 (UTC)

(英語版のことですが、漢字の情報は元々、頼りのないUnihan Databaseからインポートした物で、無視したほうがいいと思います。)Suzukaze-c 2017年2月22日 (水) 06:12 (UTC)

2017年3月[編集]

[編集]

本字に日本語の音がつけられています。漢字の音読みは、康煕字典までは反切をもとにし、同一の反切は同一の音(原則漢音、呉音は曖昧)を当てるという慣習によっていると思われますが、「氧」は20世紀の造字であるため、音読みの音の当て方についての慣習は立てられていないものと考えます。慣用音を「よう」とする根拠をご説明いただきたい。--Mtodo (トーク) 2017年3月12日 (日) 03:28 (UTC)

戸籍統一文字に「ヨウ」が収録されます。--Suzukaze-c 2017年3月29日 (水) 05:27 (UTC)
使い方には次のように書いてあります。「読み方については,複数の辞書から,代表的なものを掲げていますが,統一文字データベースの検索の便のために参考として設けているものですので,読み方の意義・内容までを保証するものではありません。」と。あくまで検索の便にtentativeに置いたもの。戸籍統一文字の記述を音訓の根拠にするのはいささか無理でしょう。--ShikiH (トーク) 2017年3月29日 (水) 05:50 (UTC)
Symbol declined.svg 検証不能1ヶ月超を経過しましたが、正確性を検証できる論証がなされなかったため、「音読み」の正確性が検証できませんでした。よって、当該箇所は除去します。またその後、訓読みが付されておりますが不正確であることは明らかなので合わせて除去いたします。--Mtodo (トーク) 2017年4月15日 (土) 17:27 (UTC)

2017年4月[編集]

傘術手傘術[編集]

これらは日本国語大辞典等への掲載がなく、また、検索によっても公的機関や確定した武術の協会等による言及が発見できません(特に後者)。一般的用語であることをお示し下さい。--Mtodo (トーク) 2017年4月13日 (木) 23:59 (UTC)

着格[編集]

 ハンガリー語語学書やその他言語学関連文献をいくつか探してこちらへまとめて参りましたが、sublative (case) を「昇格」と表現する言及例はいくつか見つける事ができましたものの、信頼できる情報源において「着格」とする例はまだ見つけておりません。恐れ入りますが、もし典拠をご存知の場合には、ご提示頂ければ幸いに存じます。--Eryk Kij (トーク) 2017年4月16日 (日) 20:54 (UTC)

  • Symbol kept vote.svg 検証済 使用例を裏付ける典拠が2点見つかりましたので、検証済みと致します(参照: Special:Diff/984687)。ウィクショナリー日本語版や個人サイト以外を除きGoogle検索で思わしい結果が見つからなかった為、勇み足で本件を提出してしまいました。しかも、実はその個人サイトにおいて典拠が示されていたにもかかわらず気付かなかったり、一旦は目を通した『言語学大辞典』における該当記述を見落としていたりと、突っつけば自身から埃しか出てこない様な杜撰な依頼でございました。項目作成者さんには大変な御無礼を致しました事をお詫び申し上げます。
 余りに聞き苦しい言い訳となるの恐縮であるのですが、近頃日本周辺の情勢が何とも不穏ですので、疑問点があれば事前調査が多少おざなりであろうとも出す事が出来るうちに包み隠さず出しておきたいと考えていた節がございます。今後はもう少し拙速と巧遅の中庸を目指して参りたい所存です。
 ところで依頼の内容の方に話を戻させて頂きますと、今回提示致しました典拠以外にも様々な関連参考書を漁っておりますが、目下のところ sublative (case) がこの様に訳された例は早稲田みか氏が携わっている紙媒体の著作においてのみの様に思われます。こうした場合には、ネット上資料による検証が特に困難(言ってしまえばほぼ不可能)と思われますので、裏付けとなる典拠を示して頂いた方がありがたいと存じます。なお英語版Wiktionaryでは名詞の格変化表示テンプレート(例: en:Template:hu-infl-nom)が見られますが、これを移植しようと致しますとそれぞれ格の名の訳し方を含め様々な問題点が見えて参りますので、近々関連議論を編集室にて提起させて頂く事になるやも知れません。--Eryk Kij (トーク) 2017年4月23日 (日) 15:15 (UTC)

いつたり[編集]

むたり[編集]

ななたり[編集]

やたり[編集]

ここのたり[編集]

とたり[編集]

はたたり[編集]

みそたり[編集]

関連議論: /2016年#3人・4人・5人・6人・7人・8人・9人・10人・20人/2016年#むゆたり

 上の関連議論の際に気付けばよろしかったのですが、今頃になって関心を抱いてしまいました為、改めてお諮りする事と致します。人数を表す日本語についてですが、みたりよたりにつきましては『大辞林』初版や『広辞苑』第四版に項目が存在しています。しかし、それより多い人数となりますと、前掲書二冊はおろか、『明解古語辞典(新版)』(三省堂、1962年)にも見えない事が判明致しました。この様な場合には、典拠つきの用例を示す必要性が特に高くなると思われます。うち「いつたり」「むたり」「ななたり」につきましては式亭三馬の『浮世風呂』に見られる用例を追加致しましたが、現代語としての存在を裏付けるものはまだ見つけておりません。この機会に用例を探し当てる事ができれば最善であるのですが……。--Eryk Kij (トーク) 2017年4月16日 (日) 20:54 (UTC)

ブー[編集]

英語:booの音写なのでしょうが、名詞とされています。ただ、この語が「ブーが」とか「ブーを」という用例で日本語中に見られるかといえばちょっと疑問です。--Mtodo (トーク) 2017年4月19日 (水) 20:40 (UTC)

ノシロ語[編集]

ウィキペディアにおける議論w:Wikipedia:削除依頼/ノシロ語とその提唱者とその結果(削除)を受け、掲載の適否を問います。--Mtodo (トーク) 2017年4月19日 (水) 20:55 (UTC)