いし

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

いじ も参照。

日本語[編集]

名詞[編集]

いし

  1. 岩石鉱物より小さくよりも大きい状態のもの。
  2. 岩石鉱物一般
  3. (比喩)かたい、つめたいことなどの例え。
    1. (転じて)寡黙なもの、非情なものを、例えていう。
  4. 囲碁の黒石・白石。碁石。
  5. じゃんけんの握りこぶし、グー
  6. 宝石鉱物などの加工品・部品
    1. (ライターなどの)発火用の鉱物・発火合金時計の部品として使われる小さな鉱物、金属プラスチック以外の部品。
    2. (電子工学) (主にアナログ回路段階の)電子部品ICや、トランジスタなど。
  7. (病理学) 胆石等体内で形成される結石の通称。
  8. (古語)石御器(もともとは、石で作られた茶碗)のこと。浄瑠璃などで。

関連語[編集]

語源[編集]

古典日本語「いし」(石) < 日本祖語 *esi

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
い↗し↘
京阪式アクセント[編集]
い↘し

翻訳[編集]

語義1:

同音異義語[編集]

いし


古典日本語[編集]

名詞[編集]

いし

  1. ちいさな岩石
  2. 宝石碁石墓石など石でできたもの。

語源[編集]

日本祖語 *esi

発音[編集]

二拍名詞二類

い↘し

形容詞[編集]

いしし】

  1. い。このましい。すぐれている。
  2. けなげだ。殊勝だ。
  3. おいしい

活用

シク型活用
い-し

諸言語への影響[編集]


琉球語[編集]

語源[編集]

琉球祖語 *esi < 日本祖語 *esi

名詞[編集]

いし

  1. ちいさな岩石