もる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

モル も参照。

日本語[編集]

動詞:盛る[編集]

もるる】

  1. ものを積み上げて、やまつくる
  2. 皿の上に食べ物をのせる
  3. 入れる。まぜる
    • を盛る。
  4. 数値等を)実際より多く偽る。体裁よく話を粉飾する。
    • 入場者数を盛る。
  5. 写真などを)実物よりよく見えるよう加工する。化粧品を多く使って顔の印象を変える。

活用[編集]

も-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 もらない 未然形 + ない
意志・勧誘 もろう 未然形音便 +
丁寧 もります 連用形 + ます
過去・完了・状態 もった 連用形音便 +
言い切り もる 終止形のみ
名詞化 もること 連体形 + こと
仮定条件 もれば 仮定形 +
命令 もれ 命令形のみ

関連語[編集]

動詞:漏る[編集]

もるる】

  1. 液体が漏れる
  2. 雨漏りする。

活用[編集]

ラ行五段活用(四段活用)
も-る

関連語[編集]

古典日本語[編集]

動詞[編集]

もるる】

  1. 見守る。番をする。管理する。(律令制の)守護として守る。
    • 我が門に 守る田を見れば 佐保の内の 秋萩すすき 思ほゆるかも(万葉集・巻10)
  2. 大切世話をする。
  3. 気にかける。
    • 人目守る 君がまにまに 我れさへに 早く起きつつ 裳の裾濡れぬ(万葉集・巻11)

活用

ラ行四段活用
も-る

関連語[編集]