出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]


字源[編集]

  • 会意。「」(「く」こと)+「」(シュ:「ほこ」の一種)。武器を持って遠くへ行くこと(=「兵役」)。行って何かの仕事をすることの意となった。

意義[編集]

  1. 仕事をさせる。
    使役


日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (元々の意味:エキヤクえだち)古代国家~近世までの政府(官)から課される労働公役夫役
    かやうのに催し給ふはいかなることぞ(宇治拾遺物語)
    1. (転じて)(近代国家成立以前の政府・支配者が)人民・農家、旅行者の物品に課す税。
      百姓の物ごとをに掛けて取りあげ(仮名草子浮世物語,浅井了意
    2. (更に転じて)辛い仕事を与える事。こき使う。
  2. ヤク 音読みであるが原義にはない意味) 全体の中で、割り当てられ受け持つ仕事。果す任務役目役割。 (当番から名誉職、一定の公職・職位にまで使われる。)
    1. (転じて)もっぱらその事(用事)にあたること。もって任じる。(より軽い使い方)
      炬燵のもりをもって任じていた。
      そこはかなきことを思ひつづくるをにて(更級日記菅原孝標女
  3. ヤク責任のある、重要職務地位。主だった立場の仕事。(広く社会的な全体の中でのと、組織の中の両方に使うので、語義2との区別は曖昧)
  4. ヤク演劇映画などで、俳優役者が、演じる人物・配役(なりきって演じる対象
  5. ヤク 主に賭け事に対して)賭け事のゲーム(花札トランプ麻雀(wp)、など)で、決まった条件が揃って「勝てる・上がれる」状態。上がり役。
  6. (ヤクエキ)月役つきやくの略。月経(wp)のこと。
  7. エキ戦役、特に内戦徴兵の意味もある。反乱を起こす側からは、応仁の乱など)。
    西南の(=西南戦争

語源[編集]

ヤク
古代律令制以降、近世までの、人民に割り当てられる(公の)仕事労働戦争などの務め。(徴用もしくは、労働税)のやくから。元から、えきとも読む。現代ではえだちと読む事は稀。
(日本語語源は、字源とは異なる)

関連語[編集]

語義1

語義2

語義3

語義4

語義5

語義6

語義7

翻訳[編集]

語義1

語義2

語義3

語義4

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]