出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「」は両手で締め付ける様、「」は女性の腰を締め付ける意を添える。「」の原字。人体の腰から、「かなめ」の意を生じ、不可缺なものの意となった。
要-bronze.svg 要-seal.svg 要-bigseal.svg
金文 小篆 流伝の古文字
西周 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. かなめ
  2. 物事の本質
  3. 欠くべからざるもの。

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (かなめ) 物事最も大切な部分、また人物要点
  2. (かなめ) 留めるのに用いる。また、のその場所
  3. (ぬま, ぬみ) 要害要衝
  4. (ぬま, ぬみ) 大切なこと。要点
  5. (ヨウ) 物事大切部分物事かなめ
  6. (ヨウ) 必要であること。

動詞[編集]

要する

  1. 必要とする。
  2. 要約する。

活用

サ行変格活用
要-する
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型


する する すれ しろ
せよ
サ行変格活用

翻訳[編集]

関連語[編集]

接頭辞[編集]

  1. (ヨウ) 名詞などの付いて、それが必要である意味表す
    • 検討。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

動詞[編集]

  1. ~が必要である。

助動詞[編集]

  1. ~する必要がある。

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]