kurti

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ノヴィアル[編集]

形容詞[編集]

kurti

  1. 短い

訳語[編集]


リトアニア語[編集]

語源[編集]

印欧祖語 *kʷer-あるいは*kʷr-[1] 〈為す〉。なお、スラヴ祖語 *kūrìti 〈いぶす〉[1]と同系である可能性があり、その場合印欧祖語の語根としては*kʷrH-[1]という形も考えられる。

同系語[編集]

動詞[編集]

kùrti (直説法 , 現在・第三人称: kùria, 過去・第三人称: kū́rė, 未来・第三人称: kur̃s)[3][4]

  1. 他動詞起こす点火する。焚く
  2. 他動詞 つくる
    1. 建てる創立する。建造する。
    2. 組織団体を) 立ち上げる
    3. 創作する。
  3. 自動詞 駆ける[3]

活用[編集]

類義語[編集]

語義1: 〈(火を)起こす〉

語義2.1: 〈建てる〉

語義3: 〈駆ける〉

使用例[編集]

語義1: 〈(火を)焚く〉

+ su-:

+ už-:

  • krosnį užkurti[3] - 暖炉火を起こす

語義2.1: 〈建てる〉

語義2.2: 〈立ち上げる〉

語義2.3: 〈創作する〉

語義3: 〈駆ける〉

+ par-:

対義語[編集]

語義2: 〈創る〉

派生語[編集]

分詞:

関連語[編集]

動詞:

参照[編集]

語義2:

分詞[編集]

kurtì 男性 (過去受動分詞)

  1. kurtas男性複数主格形。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 Derksen, Rick (2008). Etymological dictionary of the Slavic inherited lexicon. Leiden Indo-European etymological dictionary series, v. 4. Leiden: Brill, p. 257. ISBN 978 90 04 15504 6
  2. Sanskrit Dictionary for Spoken Sanskrit”. 2014年9月20日閲覧。
  3. 3.00 3.01 3.02 3.03 3.04 3.05 3.06 3.07 3.08 3.09 3.10 3.11 3.12 3.13 3.14 3.15 Balčikonis, Juozas et al. (1954). Dabartinės lietuvių kalbos žodynas. Vilnius: Valstybinė politinės ir mokslinės literatūros leidykla.
  4. 村田郁夫 編 (2003).『リトアニア語基礎一五〇〇語』大学書林、35頁。ISBN 4-475-01112-4