たれ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タレ も参照。

古典日本語[編集]

代名詞[編集]

たれ

  1. (人称代名詞不定称)人物を尋ねる場合に用いる代名詞。

類義語[編集]

関連語[編集]

日本語の指示詞
  近称-) 中称-) 遠称- 不定称-)
指示代名詞 これ [複数: これら] それ [複数: それら] あれ [複数: あれら] どれ
指示代名詞 こいつ
こちらさま
そいつ
そちらさま
あいつ
あちらさま
どいつ
どちらさま
連体詞 この その あの どの
場所 ここ
こっから
そこ
そっから
あそこ
 
どこ
どっから
方向 こちらこっち そちらそっち あちらあっち どちらどっち
態様 こう
こんな
こんくらい
こんだけ
そう
そんな
そんくらい
そんだけ
ああ
あんな
あんくらい
あんだけ
どう
どんな
どんくらい
どんだけ

派生語[編集]

日本語[編集]

名詞[編集]

たれ

垂れ

  1. 垂れること。垂れているもの。
  2. 焼き物など用いる調味
  3. 日本料理一つで、醤油の「たれ(上記の「垂れ」)」に漬け干した鯨肉千葉県特産品
  4. 垂れ駕籠むしろ戸
  5. 剣道銃剣道短剣道なぎなたで、腰部保護する防具
  6. 垂れ味噌
  7. 用いる仮髪一つ
  8. など結び下がり
  9. 漢字部位一つ广など
  10. 塗装失敗一つで、重力により塗料なること。
  11. 性質特徴強調して罵る

関連語[編集]

派生語[編集]