ばか

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

はか も参照。

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア馬鹿 の記事があります。

日本語[編集]

名詞・形容動詞[編集]

ばか馬鹿莫迦

  1. 現代日本語おいて、最も一般的に使用される罵倒語。おろかであること。
    すると主人は失望と怒りを掻き交ぜたような声をして、座敷の中から「この馬鹿野郎」と怒鳴った。この主人は人を罵るときは必ず馬鹿野郎というのがである。ほかに悪口の言いようを知らないのだから仕方がないが、今まで辛棒した人の気も知らないで、無暗に馬鹿野郎呼わり失敬だと思う。(夏目漱石吾輩は猫である』)
    Kは昨日自分の方から話しかけた日蓮の事について、私が取り合わなかったのを、快く思っていなかったのです。精神的に向上心がないものは馬鹿だといって、何だか私をさも軽薄もののようにやり込めるのです。(夏目漱石こゝろ』)
  2. (主に形容動詞として)おかしな道理に合わない。
    そんな馬鹿なことは考えられません。だから、シムソンはこの事件から除外することが出来、その夜の御馳走をカレー料理と定めることの出来る人、すなわちストレーカ夫婦に我々の注意集中されるわけです。(コナン・ドイル 三上於莵吉訳 『白銀の失踪』 SILVER BLAZE)
  3. (主に「ばかに」の形で)並外れて、異常に。
    はいいかげんな返事をしながら、はなはだ、煮切らない態度で、お相手をつとめていた。第一ばかに暑い。それから、しくしく、痛む。(芥川龍之介『出帆』)
  4. (謙遜・自嘲的にも用いるが、自称する時は反語的ニュアンスを持つ)社会常識を逸脱するくらいそのことのみに専念する人。
    役者ばか親ばか
  5. 使い物にならないこと。
    ねじばかになる。
  6. (主に「ばかにならない」の形で)軽視していいもの。
    何を馬鹿馬鹿しい、とはじめは嗤い棄てようとしたセトナ王子も、暫く考えている中に、この疑問が決して馬鹿にならないのに気がついた。馬鹿にならないどころか、この疑は、春の沼辺の水草の根の様に、見る見る、彼の心の中に根を張り枝を伸ばして行く。(中島敦『セトナ皇子(仮題)』)
  7. (接頭辞的に)並外れていること。
    ばかでかい

語源[編集]

諸説あり。以下に数例を示す。

  1. サンスクリット語मोह(moha)」を語源とするもの
  2. はかなし」の語幹とするもの
  3. 史記における秦の二代皇帝胡亥の「鹿をさして馬という」という故事に由来するというもの。最も有名であるが、漢語であるならば「バロク」としか発音せず、「バカ」と読むのは重箱読みであるという問題などあり、語源俗解とされている。

発音[編集]

ば↘か

類義語[編集]

派生語[編集]

翻訳[編集]