出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

成-bw.png(学校で教えている筆順)
成-jbw2.png[1]

字源[編集]

派生字[編集]

まとめる」「きずきあげる」の意を持つ会意兼形声文字

  • : 土をまとめたしろ
  • : 大きな家。
  • : 日の光が盛んな様。
  • : 皿の上に食物をまとめもる
  • : まとまって、かけることのない心。
成-oracle.svg 成-bronze.svg

成-silk.svg

成-seal.svg

成-bigseal.svg
甲骨文字 金文

簡帛文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. (自動詞)なるできあがる
  2. (他動詞)なすしあげる
  • 対義字:(しくじる、だめになる)

日本語[編集]

発音[編集]

あきあきらおさむさださだむしげ楠木正成) しげるたえなおなり川端康成) なるのりはかるはるひでひらふさまさみちみのるよし

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]


ベトナム語[編集]

*

熟語[編集]


コード等[編集]

脚注[編集]

  1. 『大きな活字の楷行草筆順・字体字典』江守賢治 三省堂 1983年