夜食

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

 やしょく

  1. 食事[1]
    孟嘗君、曾待客夜食。有一人蔽火光。客怒以飯不等、輟食辭去。孟嘗君起、自持其飯比之。客慚、自剄。(『史記巻75・孟嘗君列伝第15
    孟嘗君かつ待ち夜食す。一人有り火光蔽ふ。客、怒る等しからざるを以てし、食ふ辞去せむとす。孟嘗君起ち自ら其の飯を持ちて比ぶ。客ぢて、自剄す。
    孟嘗君は、ある時食客招待して夜宴催したが、一人の客の灯火がよく当たらなかった。その客は飯が平等でないと思って怒り出し、食事やめ席を立とうとした。孟嘗君は立ち上がり、自分の飯を手に持って比べて見せた。その客は、恥じて自ら首を刎ねた。
  2. かつて一日二食であった時代において、夜間に別に食事を摂ること。後世三食となっても、なお夜間に別に食事をすること。また、その食事[1]季語
    どこ碁打家庭でも夜更け夜食には馴れている。(坂口安吾明治開化 安吾捕物 その七 石の下』)
    おなかすいた……きのう熱海早目夕食をしたきり、お夜食もしていないの……こけしちゃんにそう言って、すぐご飯にして、ちょうだい」(久生十蘭あなたも私も』)
    くろがね打ち夜食するうから久米三汀
  3. 夕飯ゆうはんゆうめし晩餐晩飯[1]夕食
    大抵夕六ツ(六時)頃には一度帰っまして、夜食たべるすぐ行きますが、それでも四ツ(午後十時)すぎにはきっと帰りました。なんでも近所寄席でも聴きに行くような様子でしたが、確かこと判りません」(岡本綺堂半七捕物帳 雪達磨』)

発音[編集]

や↗しょく
  • 接頭辞「」が付くと、「お↗や↘しょく」となる。

翻訳[編集]

(語義2)

(語義3)

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 上田万年松井簡治『大日本国語辞典』 金港堂書籍、第4巻、1919年12月18日、紙面1213ページ、デジタル559ページ、全国書誌番号:43022818、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 954648/559