tamsus

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リトアニア語[編集]

発音(?)[編集]

  • IPA: [t̪ɐmˈs̪ʊs̪] (慣用音: 「タムス」)

語源[編集]

同系語[編集]

バルト語派:

非バルト語派:

形容詞[編集]

tamsùs 男性 (中性: tamsù, 原級・非限定形のアクセント型: 4) [2][3]

  1. 暗い
    1. 無い
    2. 明度低い
    3. 比喩的に〕 悲しく重くのしかかっくる
    4. 〔比喩的に〕 無知蒙昧なくらい。
  2. 〔比喩的に〕 怪しい包また。

語形変化[編集]

原級:

非限定形(アクセント・タイプ: 4):

限定形(アクセント・タイプ: 4):

比較級:

非限定形(アクセント・タイプ: 2または4):

限定形(アクセント・タイプ: 4):

最上級:

非限定形(アクセント・タイプ: 1):

限定形(アクセント・タイプ: 1):

使用例[編集]

語義1.1: <光が無い>

原級…非限定、男性・単数・主格:

原級…非限定、女性・単数・主格:

語義1.2: <色の明度が低い>

原級…非限定、男性・単数・主格:

原級…非限定、男性・複数・主格:

語義1.3: 〔比喩的に〕 <心に重くのしかかる>

原級…非限定、女性・複数・主格:

語義1.4: 〔比喩的に〕 <無知蒙昧な>

原級…非限定、男性・複数・主格:

語義2: 〔比喩的に〕 <怪しい>

原級…非限定、単数・女性・主格:

訳語[編集]

語義1:

語義2: 〔比喩的に〕

対義語[編集]

関連語[編集]

派生語[編集]

参照[編集]

語義1.3:

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 Derksen, Rick (2008). Etymological dictionary of the Slavic inherited lexicon. Leiden Indo-European etymological dictionary series, v. 4. Leiden: Brill, p. 505. ISBN 978 90 04 15504 6
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 2.9 Balčikonis, op. cit., p. 838.
  3. 村田郁夫・編『リトアニア語基礎一五〇〇語』大学書林、1994年、76頁。ISBN 4-475-01112-4
  4. Balčikonis, Juozas et al., ed (1954). Dabartinės lietuvių kalbos žodynas. Vilnius: Valstybinė politinės ir mokslinės literatūros leidykla. p. 984.  NCID: BA04576554