Wiktionary:編集室/2019年Q2

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成句、慣用句、連語などの品詞の使い分けについて[編集]

成句、慣用句、連語などの品詞の使い分けの決まり事はあるのでしょうか。私が探した限りでは見つけることが出来ませんでした。 使い分けが曖昧なため、「気がする」は慣用句、「気をつける」は連語、「気が散る」は成句となっています。これらに品詞上の違いがあるようには思えず、統一するべきだと考えたため以下のように提案をいたします。

  1. 連語は複数の語からなり、新たな文法的機能を備えたもの。w:連語に記述されている語義1の狭義の意味と同一のものと考えます。
  2. 成句は引用として使われた語。慣用句と区別するのが難しいのですが、カテゴリを見てみると四字熟語や故事成語が多いことに気づいたので。
  3. 慣用句は出典があるわけではなく、慣習として使われるようになった表現。とするのがよいかと思います。

以上、例外はあるかとも思いますが、方向性として見当のほどお願いします。 --Myufee (トーク) 2019年4月7日 (日) 09:43 (UTC)

使い分けがはっきりしないなら、使い分けるべきではありません。三つとも必要ですか? 英語版の場合、気がする気をつける気が散るなどはすべて動詞です。フランス語版では locution verbale (動詞句) です。 — TAKASUGI Shinji () 2019年4月8日 (月) 13:10 (UTC)
成句」は、基本的に「idiom」の訳語、即ち、ある語の組み合わせにより特定の意味を生ずる(語の足し算ではない)の意味で用いており、「連語」は、「collocation」、即ち、特定の名詞が目的語又は主語となる場合、慣習的に特定の動詞を使用する場合の組み合わせに使うという使い分けをしてきたつもりです(連語#ウィクショナリーにおける用語法)。多分徹底はされていないでしょうが(間違ったカテゴライズも散見されます)。個人的には、この、「collocation」という考え方は、言語学的に重要と考えています。---Mtodo (トーク) 2019年4月8日 (月) 13:39 (UTC)
私は連語は必要だと考えます。ただ、連語は他の二つとの区別がはっきりしているので、「成句」と「慣用句」の整理をどうするかという議論がなされる必要があります。この二つは私の理解では同じものですが、違いますか?カテゴリ:日本語 成句カテゴリ:日本語 慣用句が両立していて、私の理解では説明がつかないようです。またカテゴリ:日本語 成句にはen:Category:Japanese phrasesが、カテゴリ:日本語 慣用句にはen:Category:Japanese idiomsが接続されていて、idiomイコール成句とする説明は現状では整合性がとれていないように感じます。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年4月8日 (月) 14:09 (UTC)
Myufeeさんが述べたような、出典の有無によって用語を使い分ける方法は、難しいと思います。出典の有無は品詞ではなく、カテゴリ:出典・由来に属するカテゴリを付す方法がよいと思います(こちらの整理ももっと工夫するのがよいとは思いますが)。私は「成句」イコール「慣用句」と考えていて、これらを統合することに賛同します。ただし統合するなら「成句」を推します。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年4月17日 (水) 07:12 (UTC)
成句と慣用句は統一するのが良いようですね。統一するのであれば、教科書などにも使われている慣用句で統一するのが良いと私は思います。Naggy Nagumoさんは何故成句を推すのでしょう理由をお聞かせ願います。Mtodoさんの話では連語を所謂「コロケーション」として使うとのこと、承知しました。Wikipediaでの記述や、幾つかの辞書で連語として扱われる単語、則ち「かもしれない」や「ちがいない」などの語は、かもしれないの品詞となっている複合助辞として扱うということで宜しいでしょうか。--Myufee (トーク) 2019年4月22日 (月) 15:45 (UTC)
立場をどちらかといえば「慣用句」を推す、に変更します。「成句」を推す理由は{{idiom}}の内容が「成句」であることなどから、変更の影響が「慣用句」を選ぶよりも小さくなるため、と思ったのですが、べた書きの「成句」・「慣用句」の使用数の差はただの2倍程度のオーダーのようです(つまり大した差ではありません)。わかりやすさの観点から言えば「慣用句」がよいかと思います。「慣用句・成句」のように併記する表現は冗長で扱いづらいと思うので反対です。ついでに言うと四字熟語の大部分は独立性がそこそこあるので、成句よりも名詞や形容動詞がふさわしいと思います。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年4月23日 (火) 09:46 (UTC)

単語が複合し新たな意味を持つ単語を「慣用句」とし、「成句」を「慣用句」に統合する。ある名詞に特定の動詞が慣習的に結びついた語(名詞の意味はそのまま)を「連語」とする。四字熟語は「慣用句」ではなく「名詞」や「形容動詞」とする。複数の語からなり、文法的機能を新しく備えたものを「複合助辞」。こんなところでしょうか。--Myufee (トーク) 2019年5月1日 (水) 09:23 (UTC)

連語の核は名詞とは限らないと思います。今回の整理によって連語の定義を変更するわけではないと思うのであまりうるさく言わなくてもよいとは思いますが。また「複合助辞」は連語の一だと思います。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年5月1日 (水) 11:04 (UTC)
  • 将来に亘ってこれで十分という確信はないですが、まとめてくださった整理で今のところの方針として進めていいと思います。付け加えるならば、連語と慣用句の区別には困難で意見が分かれるものもあるので、連語と慣用句のどちらとも決め難いものがあるときは暫定的に連語扱いとする、という方針もあってもいいと思います。多義的で混乱を招きがちな各種用語については、ウィクショナリー日本語版の見出しやカテゴリではどの用法でそれらの用語を使っているのかを、とりあえずWiktionary:用語集辺りに整理して残しておきたいと考えています。--Yapparina (トーク) 2019年5月2日 (木) 02:50 (UTC)
本件私見について取りまとめ中なので、クローズは今しばらくお待ちいただきたく願いいたします。--Mtodo (トーク) 2019年5月4日 (土) 05:35 (UTC)

Wiktionary:タイトル別全ページ[編集]

Wiktionary:タイトル別全ページは何のためにあるものでしょうか。特にどのページからもリンクされていないようで、履歴もただ一人の編集があるのみですが、保護ページになっています。同じIPからの同時期の編集を見ると、各種言語版で同様のページが作成されていて、いずれも保護ページとなっているようです。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年4月12日 (金) 07:15 (UTC)

どうやら、かなり昔のMediaWikiのバージョンで使われていたもので、特別:Allpagesなどを生成するためのものだったようです(参考:w:Wikipedia:削除依頼/ns:4にあるクエリのキャッシュ, w:Wikipedia‐ノート:タイトル別全ページ)。参考リンクによると、今では不要なもので、ウィキペディア日本語版では同種のものは既に削除されているようです。--Yapparina (トーク) 2019年4月14日 (日) 04:15 (UTC)

カテゴリ:日本語 縮約形[編集]

  1. 「では」→「じゃ」、「ては」→「ちゃ」などは縮約形といえますが、「どこか」→ 「どっか」、「ことだ」→ 「こった」などは縮約とはいえないのではないでしょうか。ローマ字表記では短くなっていますが、日本語話者の感覚としては、モーラ数が同じなので短くなっていません。
  2. そもそも縮約かどうかは語源であって品詞ではないので、セクション名に用いるのは正しくないと思いますが、どうでしょうか。

この変更をした利用者が英語版・フランス語版でも同じ編集をしているので、日本語版で合意を得たいと思います。 — TAKASUGI Shinji () 2019年4月17日 (水) 13:48 (UTC)

(完全にTAKASUGI Shinjiさんの言うことの繰り返しとなりますが)「どっか」「こった」は縮約形ではない気がします。単に転訛ではないかと。また縮約形は品詞ではないのでセクション名に用いるのは規則から外れています。この場で合意を待たずに該当の項目は編集しますので、改めて合意ができたら反映させましょう。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年4月17日 (水) 14:08 (UTC)
1番目についてはよくわかりませんが、2番目についてはおっしゃるとおりと思います。便乗してみなさんの考えを聞きたいのですが、カテゴリ:略語が品詞のサブカテゴリになっているのは間違いですよね? ウィクショナリー日本語版では略語の項目(例えばFAQ)は「略語」を見出しとするのが常態化していますが、これも直していくべきでしょうか? 私は名詞や動詞などの品詞分類に直していくべきと感じております。略語であることは、語釈や語源の中で説明されれば十分と思います。--Yapparina (トーク) 2019年4月20日 (土) 05:26 (UTC)
略語も名詞や副詞などの正しい品詞に分類するべきだと思います。フランス語版では略語は品詞ではないという合意があるので、見出しには使えません。英語版では略語が多すぎるという実用的な理由から略語という見出しがあるのですが、徐々に正しい品詞に置き換えられています。 — TAKASUGI Shinji () 2019年4月21日 (日) 14:28 (UTC)
Symbol comment vote.svg コメント 略語は品詞ではないので、名詞などに置き換える方がよいと思います。同じく気になっているのものに「四字熟語」があります。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年4月21日 (日) 23:41 (UTC)
コメントありがとうございます。縮約形や略語は品詞ではないという共通理解で良さそうですね。カテゴリ:縮約形カテゴリ:略語の親カテゴリは品詞から語源に変更しようかと思います。各ページの見出しについても、他の適切な品詞分類があればそれに置き換えていく方針で進めたいと思います。--Yapparina (トーク) 2019年4月26日 (金) 11:18 (UTC)
ところで英語版ウィクショナリーでabbreviationと言っているものは"DNA"のように単語の頭文字をつなげたものを言っているようですが、abbreviation, clipping(またまれにcontractionも)を特に区別していない日本語版ウィクショナリーで略語を表すのに{{abbr}}を用いることは妥当なのでしょうか。特に日本語はabbreviationはほぼなくてほとんどがclippingのはずです。今後メンテナンスする上で取り扱いが難しくなってしまわないか懸念があります。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年4月26日 (金) 14:09 (UTC)
Abbreviation とは 1st のように表記だけ短くて発音は元のままのものです。DNAinitialism です。また UNESCO のような単語のように発音されるものは acronym です。この区別はフランス語版でも同じです。 — TAKASUGI Shinji () 2019年4月26日 (金) 15:17 (UTC)
日本語で abbreviation と呼べるもの、つまり発音は元のままで表記だけ短いものとしては、「(株)」、「(有)」などや、「W杯」(ふつう「ワールドカップと読む) があると思います。 — TAKASUGI Shinji () 2019年5月4日 (土) 05:25 (UTC){{

──────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────── ご解説ありがとうございます。私に誤解があったようですが、言いたいのは、英語のテンプレート(具体的には{{abbr}})を使っているのに指しているものが英語(abbreviation)と違っていてよいのか、ということです。日本語版ウィクショナリーは多くの部分において英語版の真似をしていると思うので、これらabbreviation, initialism, acronymなどの区別も同様にしたほうがよいのではないかと思います。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年5月7日 (火) 00:34 (UTC)

名詞の連結について[編集]

現在、フランス語版で「旧字体漢字」と「新字体漢字」の削除提案を出しているのですが、母語話者が他にいないのでここに来ました。この二つはほとんど見かけない表現ですがグーグルで見つかります。日本語では簡単に名詞を並べて構文上の一単位とすることができますが、例えば「旧字体一覧」、「旧字体表記」などは複合語とはいえないと思います。「旧字体漢字」、「新字体漢字」は複合語といえるでしょうか? 非母語話者が名詞連結を複合語と見なして立項した場合、何を基準に判断するべきでしょうか? — TAKASUGI Shinji () 2019年4月22日 (月) 12:21 (UTC)

「旧字体一覧 = 旧字体 + 一覧」「旧字体表記 = 旧字体 + 表記」「旧字体漢字 = 旧字体 + 漢字」「新字体漢字 = 新字体 + 漢字」すべて複合語だと思います。複合語の中でも、ウィクショナリー日本語版で立項すべきでないとされている(そしてたぶん一般的に出版されている辞書でも基本的に採録しない)複合語とは、複合前の語を格助詞で単純に連結したもの以上の意味を持たないもの、という理解です(Wiktionary:編集方針#複合語の扱い)。「旧字体漢字」が「旧字体の漢字」という意味しかないのであれば立項しないということなると思います。一方、例えば油絵も複合語(油 + 絵)ですが、「油の絵」に収まらない意味を持っているので立項されるということになると思います。--Yapparina (トーク) 2019年4月22日 (月) 12:59 (UTC)
「旧字体漢字」は「旧字体の漢字」という意味です。(なお上の文章で私が「複合語」と書いたのは、単なる名詞連結ではなく語彙として成立したものという意味でした。) — TAKASUGI Shinji () 2019年4月22日 (月) 22:05 (UTC)
独立した語なのか単に複数の語を並べただけなのか、話者の感覚によらずに判断する方法、ということですよね。いわれてみると確かに難しいです。各種辞書に採録がない場合怪しいとみることはできますが、それでは一般的な辞書に載らない専門用語や稀な語と区別がつきませんよね。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年4月23日 (火) 09:59 (UTC)
なお「旧字体漢字」、「新字体漢字」は辞書項目になりえない名詞の並列だと思います。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年4月23日 (火) 10:03 (UTC)
ありがとうございます。少なくとも、単に「の」でつなげられる場合は語彙とはいえないと思います。しかしながらコロケーションの問題はあって、「日本国首相」はよくても「日本首相」はダメである理由は、習慣としか言いようがありません。 — TAKASUGI Shinji () 2019年4月26日 (金) 11:03 (UTC)

和語項目の漢字表記部分のリンク方法について[編集]

例えば「まねきねこ」という項目について見出しは'''まねきねこ'''【[[招]]き[[猫]]】のように、漢字一文字に対してリンクを付することになっていると思いますが、このうち【】内のリンク方法を変えて、漢字表記のページにリンクするように変更したいです。すなわち【[[招き猫]]】としたい。他言語版では普通は漢字表記で項目を作るので、他言語版のリンクを得るためにもひらがな表記項目から漢字表記項目へリンクを繋げた方がよいと思っています。従来の漢字それぞれへのリンクはen:Template:ja-kanjitabのようなもので実装したいところです。皆様どう思いますか。自由の範囲内だというのならば勝手にやってしまいますが。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年4月26日 (金) 01:41 (UTC)

賛成です。ただ、和語をひらがなで立項するのは紙の辞書の名残ではないですか。五十音順に並んでいるわけではないので、和語を漢字で立項しても良いと思いますが。 — TAKASUGI Shinji () 2019年4月26日 (金) 11:03 (UTC)
和語をひらがなで立項することはかなり昔から続いている規則です。ただ一長一短だとは思います。これを変えることはかなり大きなテーマになってしまうので、もし変更について議論をするならば、この節ではなく一度仕切り直してから議論したいです。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年4月29日 (月) 14:44 (UTC)

右寄せの画像について[編集]

右寄せの画像を表示するページについて。幅のあるデスクトップビューで見るときれいなのですが、縦長のモバイルビューで見ると、かなりみにくいです。どうすればよいでしょうか。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年4月29日 (月) 06:11 (UTC)

具体的にどう見にくいのでしょうか? モバイルビューだと文章の回り込みを許さない中央表示になるのは、仕様なのでどうしょうもないと思いますが。--Yapparina (トーク) 2019年5月1日 (水) 10:16 (UTC)
本文の回り込みが有効になり、一行が全角五文字程度になるものです。その幅に収まらない語は直前の単語より遥か下の、画像の下辺より下の位置に来ます。irokoをAndroid版Firefoxで見た時に気になりました。横幅いっぱいで回り込み無効になるならばその方がよいと思いますが、やり方がわからないです。float: rightを指定したdiv要素に画像を入れる方法が悪いのでしょうか。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年5月1日 (水) 11:17 (UTC)
irokoは、テンプレート:右というものを使って画像表示しているからそうなっているのではないでしょうか。[[File:xxxx]] という画像を呼び出す標準的な書き方なら、スマートフォン+モバイルビューでは上記のとおり文章回り込み無し中央表示になるはずで、そこまでレイアウトを壊さないと思います。例:akimbo --Yapparina (トーク) 2019年5月1日 (水) 12:12 (UTC)
特別な工夫はいらず、ただ単に画像ファイルを置けば、よい感じで右寄せで配置されるということだったのですね。irokoについてはそのように変更しました。 -Naggy Nagumo (トーク) 2019年5月1日 (水) 13:22 (UTC)

Wandalismusという単語の記事の作り方[編集]

「Wandalismus」という記事を作成したいのですが、ドイツ語版ではwikt:de:Wandalismusという風に2016年のドイツ正書法協議会で「Wandalismus」はもう間違いであり、正しいのは「Vandalismus」だからそっちを見てね、というような内容になています。日本語版もこれに倣うべきでしょうか。私には難しすぎる話題なのでみなさんのご意見を募集したいと思います。--ラディーアグミ (トーク) 2019年4月29日 (月) 15:04 (UTC)

「現在は正書法ではない」旨の記載があれば、特に問題ないと思います。--Mtodo (トーク) 2019年4月29日 (月) 15:10 (UTC)
コメントありがとうざいます。記事を作成しました。--ラディーアグミ (トーク) 2019年4月30日 (火) 12:33 (UTC)