出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

申-bronze-shang.svg 申-oracle.svg 申-bronze.svg 申-bronze-spring.svg 申-bronze-warring.svg 申-silk.svg申-silk-2.svg申-silk-3.svg 申-slip.svg申-slip-2.svg

申-seal.svg

申-bigseal.svg
金文 甲骨文字 金文

金文 金文 簡帛文字 簡牘文字

小篆

流伝の古文字
西周 春秋時代 戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

派生字[編集]

「稲妻」「のびる」の意を持つ会意兼形声文字

  • :まっすぐのびる。
  • :声を引きのばす。
  • :稲妻から神性を象徴する。
  • :体をまっすぐに伸ばす帯>そのような礼装をした高貴な人。

意義[編集]

  1. 目上の人に)もうすはなしかける
  2. 十二支の第9番目。さる。「」(しん:「うめく」の意味)で、果実が成熟して固まって行く状態を表しているとされる。覚えやすくするため、が割り当てられた。

日本語[編集]

発音(?)[編集]

名詞[編集]

  1. さる十二支の第9番目

関連語[編集]

十二支

文字 動物 方位
八卦
:カン)
チュウ うし 北東(:ゴン うしとら
イン とら
ボウ :シン)
シン たつ 東南(:ソン たつみ
うま :リ)
ひつじ 南西(:コン ひつじさる
シン さる
ユウ とり 西:ダ)
ジュツ いぬ 北西(:ケン・カン いぬい
ガイ

熟語[編集]


中国語[編集]

*

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]


コード等[編集]