いぬ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアイヌ の記事があります。

名詞: 犬・狗[編集]

いぬ

  1. 哺乳類食肉目イヌイヌ動物、学名はCanis lupus familiaris(以前は、種小名を除きCanis familiaris)。しばしば家畜にされ番犬として使われる。
  2. (番犬が従順であることから)子分手下
  3. (よく鼻が利くことから)スパイ間者
  4. (隠語)警察官のこと。
  5. 取るに足らないもの、つまらないもの、にせもの。「イヌサフラン」「イヌタデ」「イヌマキ」など、動植物名称の一部に使われる場合もある。(例外として「イヌノフグリ」は、犬の陰嚢姿にちなむ)
    犬死に

翻訳[編集]

関連語[編集]


Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

名詞: 戌[編集]

いぬ

  1. 十二支の11番目。
  2. 年・月・日・時刻の名の一つ。その内11番目の劃。
  3. 方角の一つ。方位角300度。

関連語[編集]

十二支
文字 動物 方位
八卦
:カン)
チュウ うし 北東(:ゴン うしとら
イン とら
ボウ :シン)
シン たつ 東南(:ソン たつみ
うま :リ)
ひつじ 南西(:コン ひつじさる
シン さる
ユウ とり 西:ダ)
ジュツ いぬ 北西(:ケン・カン いぬい
ガイ

造語成分[編集]

  1. (接頭辞)似而非むだ罵吻の意。

動詞・往[編集]

い・ぬぬ、ぬ)

  1. (西日本方言)帰る。去る。
    それが飛びつくやうに「しめおん」の頸を抱くと、喘ぐやうに「私が悪かつた。許して下されい」と囁いて、こなたが一言も答へぬ間に、涙に濡れた顔を隠さう為か、相手をつきのけるやうに身を開いて、一散に又元来た方へ、走つて往んでしまうたと申す。(芥川龍之介奉教人の死』)

活用

ナ行五段活用
い-ぬ
終止形・連体形は「いぬる」となることもある。

古典日本語[編集]

動詞・往[編集]

い・ぬぬ、ぬ)

  1. (今いる場所から)はなれる、遠くへ行く。
    むかし、男、うひかうぶりして、平城の京、春日のにしるよしして、狩にいにけり。その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。(伊勢物語
  2. (季節などが)る。
    道しらばたづねもゆかむもみぢ葉を とたむけて秋はいにけり凡河内躬恒 古今313)
  3. 死ぬ」の婉曲表現。

活用

ナ行変格活用
い-ぬ

関連語[編集]

動詞・寝[編集]

い・ぬぬ)

  1. 寝ること。
    紙燭さしてまいれ随身も、弦打して、絶えず声づくれとおほせよ。人離れたる所に、心とけていぬるものか。惟光朝臣の来たりつらむは(紫式部源氏物語夕顔』)
    紙燭を点けてこちらへ来い。「随身も、弦打ちをして、絶えず音を立てていよ」と命じよ。人気のない所に、気を許して寝ている者があるか。惟光朝臣が来ていたようであるが。

活用

ナ行下二段活用
い-ぬ

語源[編集]

名詞「」(寝ること)+動詞「」(「ねる」)

関連語[編集]