会話

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

會話 および 会话 も参照。

日本語[編集]

名詞[編集]

(かいわ)

  1. 原義本義狭義] 二人以上が、互い話したり聞いたりして、共通進めること。また、その話。
    あのは、彼女交わす会話楽しくてしようがなかった。 cf. #動詞
    その頃になると、彼女と会話を交わす機会少なくなっていた。
    パーティー出席したは、愉快会話興じることができました。
    最近は「会話キャッチボール(wp)」という表現散見しますが、「言葉のキャッチボール」が誤用されたものではないでしょうか。
    1904年明治37年)発刊の『軍用日露会話』は、日本軍部編纂(wp)された日本語ロシア語間の会話手引書(wp)である。
  2. [狭義] 外国語で話し合うこと。
    我が社では会話(wp)ができる人材求めています。
    フランス語会話教室に通いたいと思っています。
    なお、「日英」「英和」「和英」など2もしくは2言語組み合わせを意味する語と「会話」との合成語である「日英会話」「英和会話」「和英会話」などとの混同に注意。例えば上述の『軍用日露会話』は、ロシア語のみで会話することを意味してはいない。
  3. 広義] 二人以上の人の人が、何らかの方法で意思を交わして共通の話を進めること。また、その話。
  4. 最広義] 意思疎通可能複数、あるいは、意思疎通可能と信じる者とその対象が、何らかの方法で意思を交わして共通の話を進めること。また、その話。
    人間動物は、言葉仕草匂いなど、何らかの手段でもって会話コミュニケーション)を交わしている。その会話は、同族同士のみならず、種類異なる者同士でも成立することが珍しくない。
    現れた宇宙人(wp)は、音声ではない何か不思議能力を使って直接話しかけてきました。あれはきっとテレパシー(wp)というものだったのでしょう。私達はの意思を、伝達とは違う何かによって、という感じ取ったのです。私達のそれぞれの意志も彼に伝わるとみえて、あたかもビデオ会議(wp)をしているかのように、彼を中核とした会話成り立っていました。
    うち飼っているちゃん会話できるって言うんだよ。そんな馬鹿な。
    うちのは猫ちゃんと会話できるはずがないって嗤うのよ。わかっちゃいないのよね。
    ○○大学研究チームによると、植物同士は極めて小さな(音?)で会話を交わしているのだという。一体全体、どういうことだろうか。
  5. 比喩] 人と人との会話のように、意思のような何かを交し合って通じていること。
    番組では植物昆虫たちの会話紐解いていきます。

翻訳[編集]

動詞[編集]

活用

サ行変格活用
会話-する
あの頃は、彼女と会話することが楽しくてしようがなかった。 cf. #名詞

翻訳[編集]