ちがう

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

ちがう

  1. 同じでない。異なる差異がある。の。
  2. 語義1のうち、特に数量程度地位がある。
  3. 独特である。すぐれている。
    • 「(略)よいお嬢さんもおありなさる。」/正香の口から聞けば、木曾のような水の清いところに生い育つものは違うというようなことも、そうわざとらしくない。お民は自分の娘のことを客の方から言い出されたうれしさに、(略)(島崎藤村夜明け前』)
  4. 事前交わし取り決め正しく履行されない。本来行うべき行為でない。意図を取り違えている。
  5. あるべき位置状態からはずれる
  6. 正しいとされるものと一致しない。
  7. (複合語で) 反対方向からもの同士が、接触することなくの方向へ通り過ぎる
  8. 別の。他の。
    • 違う人に聞いてみよう。
  9. いいえ。そうではない。
    • 「鈴木さんですか?」「違います。」

発音[編集]

ち↗がうち↗が↘う

活用[編集]

ちが-う 動詞活用表日本語の活用
ワ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ちが

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 ちがわない 未然形 + ない
意志・勧誘 ちがおう 未然形音便 +
丁寧 ちがいます 連用形 + ます
過去・完了・状態 ちがった 連用形音便 +
言い切り ちがう 終止形のみ
名詞化 ちがうこと 連体形 + こと
仮定条件 ちがえば 仮定形 +
命令 ちがえ 命令形のみ

※現代の口語では、形容詞として活用することがある。この場合、終止形は存在しない。特に変化を表すときに頻度が高い。

活用 動詞 形容詞
現在 ちがう (ちげー)
過去 ちがった ちがかった
否定 ちがわない ちがくない
仮定 ちがえば ちがければ
命令 (まれ) ちがえ
意思 (まれ) ちがおう
変化 ちがくなる

派生語[編集]

類義語[編集]

対義語[編集]

翻訳[編集]