げす

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞・形容動詞: 身分・性格[編集]

げす下種 / 下衆 / 下主 / 下司

  1. 身分低い賤民
  2. しもべ召使い
  3. 品性下劣なこと(さま、)。

発音[編集]

げ↗す

活用

ダ型活用
げす-だ

語源・用字[編集]

  • 不詳。おそらく、「じょうず上手)」の対語であるが、用字にはゆれがある。「下司」は官職であり漢語と言えるが、「げす」の音に当てている可能性もある。

名詞: 職務[編集]

げす下主 / 下司

  1. (「げし」の転訛)下級官吏
  2. 荘園現地管理の担当者。

発音[編集]

げ↗す

助動詞[編集]

  1. 助動詞」や格助詞「で」に付いて、現在形の丁寧文を作る。~です。~でございます
  2. 格助詞」に付いて、過去や完了の意味の丁寧文を作る。~でした。~ました。〜しています。〜してございます。

発音[編集]

げ↘す

活用[編集]

未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
げせ げし げす げす 特殊型

動詞[編集]

解す(げす)

  1. 理解する。「」も参照。
    • そもそも通俗たるやその意解しやすきが如くにしてまた解しがたし。(永井荷風『桑中喜語』)〔1925年〕